TOP | 病院案内 | 院長より


〒594-0006 大阪府和泉市尾井町1丁目1−31
TEL:0725-44-0209

大阪府和泉市にある「くずのは動物病院」のホームページです。

TOP | 病院案内 | 院長より

院長より

ご 挨 拶





                    院長 佐伯 潤
                        獣医師・博士(獣医学)


 当院は、1995年12月に「鶴山台動物病院」として、和泉市太町で開業して以来、より良い獣医療を目指して日々努力してきました。2014年1月に和泉市尾井町に移転し「くずのは動物病院」と病院名を改め、再出発いたしました。ご不便をおかけしていた駐車場も病院前に確保し、診察室も2室になり、より充実した診療ができる態勢を整えることができました。
 当院が大切にしていることは、飼い主の方々との相互信頼関係です。動物の個性や病状は様々です。飼い主の方々としっかり話し合いながら、本気向き合いながら、きめ細かい治療を行っていきたいと考えています。
 ホームドクターとして、当院で行う治療だけでなく、周辺の動物病院や専門的な治療を行う病院との連携も大切にしています。このため、症例によっては専門分野の先生をご紹介させていただく場合があります。
 地域社会に動物病院・獣医師として貢献していくことも大切なことだと考えており、地域での犬のしつけ教室や学校での「命の大切さを伝える授業」への協力など動物介在教育にも関わっています。また、人と動物の絆を守ることが獣医師の使命と考え、災害獣医学」と「人と動物の共通感染症」を専門分野として調査研究活動を行っています。広く社会に貢献することも大切だとの思いから、獣医師会等様々な関連団体や学術団体で役員を務めており、それらの団体の会員の先生方とともに公益的な活動に取り組んでいます。その他、より多くの力で人と動物の絆を守れるよう、動物看護師の育成教育と資格制度の確立にも携わっています。
 命を預かる獣医師として、最新の知識や技術を学ぶことも大切であり、多くの学会や研究会に参加しています。このため、飼い主の皆様にはご不便をおかけしますが、土日の午後と祝日を休診としております。予約診療という形で必要な場合には対応させていただきますが、ご理解を頂きたくお願いいたします。動物達の健康を守り、幸せな一生を過させてあげるためには、病院や獣医師だけではなく、飼い主の皆様の動物達への愛情と理解が不可欠だと思います。
 私たちの病院と飼い主の皆様が、二人三脚で動物達にかかわっていくことを理想として診療しています。

 ●役職
 (公)大阪府獣医師会 会長
 (一般社)日本小動物獣医師会 理事(学術担当)
  農林水産省認可 全日本獣医師協同組合 監事
  動物看護師統一認定機構 委員
  災害動物医療研究会 幹事
 (公)日本獣医師会 動物飼育環境整備推進特別委員会
    災害時動物救護対策推進検討委員会委員
  大阪府立大学獣医内科学教室客員研究員

  帝京科学大学非常勤講師
  学校法人宮崎学園 大阪ペピイ動物看護専門学校非常勤講師
 (一般社)大阪府畜産会 理事
  大阪府動物愛護推進協議会 会長
  小動物臨床ウイルス病研究会 副会長
  狂犬病臨床研究会 理事
  学校法人宮崎学園 大阪ペピイ動物看護専門学校特別顧問

 ●主な業績(論文、著書など)
  ◯論文(学位論文)
  ・身近な動物から感染する恐れのある細菌性の人と動物の共通感染症
   についての疫学的調査 
   大阪府立大学学位論文

  ◯論文
  ・91日齢未満の幼齢犬における狂犬病抗体保有状況調査
   佐伯潤,山本精治,矢部眞人,長崎淳一,林健一
   日獣会誌, 68, 135-140 (2015)
  ・The detection of toxigenic Corynebacterium ulcerans
   from cats with nasal inflammation in Japan.
   Saeki J, Katsukawa C, Matsubayashi M, Nakanishi H,
   Furuya M, Tani H, Sasai K.
   Epidemiol Infect. Jan 12:1-6(2015)
  ・A Serological Survey of Leptospira spp., Antibodies in
   Wild Raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan
   J. Saeki, H. Nakanishi, K. Masubuchi, M. Matsubayashi,
   M. Furuya, H. Tani and K. Sasai
   Asian J. Anim. Vet. Adv., 11 (4): 258-262,(2016)

  ・坪内暁子,内藤俊夫,土屋陽子,乾啓洋,荒井雄太,小澤明日香,有賀平,
   沖山雅彦,田中秀夫,斉藤敦,仲田悦教,大槻公一,佐伯潤,丸井英二,
   佐藤健,佐々木宏之,向山晴子,柳澤吉則,藤本順介,飯沼清
   「地域」分析に重点を置いた都市型災害対策―想定外の被害
   の低減のためのリスク把握と連携作り―
   危機管理システム研究学会2016年度研究年報,15,197-209(2017)
  ・坪内暁子,内藤俊夫,土屋陽子,佐藤 健,佐々木宏之,仲田悦教,范家堃,
   大槻公一,佐伯潤, 丸井英二,奈良武司
   新宿区の指定避難所周辺地域における調査結果の考察
   ー情報関連のシステム策定に向けてー
   危機管理システム研究学会研究年報,23-43(2018)
  ・坪内暁子,内藤俊夫,土屋陽子,佐藤健,佐々木宏之,仲田悦教,向山晴子,
   有賀平,沖山雅彦,柳澤吉則,范家堃,佐伯潤,大槻公一,丸井英二,
   奈良武司,
   新宿区指定避難所地域の要援護者等のリスク低減に向けた研究,
   生存科学,29(1), 21-43(2018)

  ◯著書、監修など
  ・薬用量マニュアル第3版 発行:一般社団法人日本小動物獣医師会 
   監修 中山智宏,佐伯潤,学窓社(2011)
  ・家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査及び 飼育者意識調査結果の概要
   日獣会誌, 68, 336-351(2015)
  ・動物看護コアテキスト6動物看護の実践(編集委員・分担執筆)
   第5章呼吸器疾患、第6章循環器疾患、第12章内分泌疾患
   佐伯潤,大下勲,ファームプレス(2016)
  ・動物医療支援学
   「公益社団法人 大阪府獣医師会における災害対策への取組み」
   MVM,25,160:102-107(2016)
  ・薬用量マニュアル第4版 発行:一般社団法人日本小動物獣医師会 
   監修 中山智宏,佐伯潤,長崎淳一,学窓社(2016)
  ・犬のレプトスピラ症とその対応について(2017)
   大阪府獣医師会報,68,24-34(2017)
  ・臨床獣医師の立場から考えた法獣医学
   MVM,27,173,91-94(2017)
  ・一生かかわる動物看護 03:成長期・維持期
   MVM,27,175,29-34(2018)
  ・災害動物医療〜動物を救うことが人命や環境を守る〜
   分担執筆
   ファームプレス(2018)

 ●共同研究機関
  ・大阪府立大学
  ・日本獣医生命科学大学
  ・順天堂大学

 ●主な学会発表
  ・平成20年度日本小動物獣医学会(近畿)
   「ブルセラ症が集団発生した近隣の飼い犬のブルセラ菌感染状況
    調査」
   中西等,中西史子,佐伯潤,山野雅代,勝川千尋,
   平成20年度日本小動物獣医学会(近畿)講演要旨,78,(2008)
  ・平成22年度日本小動物獣医学会(近畿)
   「鼻炎症状を呈するネコからのジフテリア毒素産生性C.ulcerans
    の検出」
   佐伯潤,勝川千尋,安田昌幸,河崎哲也,田中彩恵,小宮貴子,高橋元秀
   平成22年度日本小動物獣医学会(近畿)講演要旨,62(2010)
  ・平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(岐阜)
   「鼻炎症状を呈するネコからのジフテリア毒素産生性C.ulcerans
    の検出(地区学会長賞受賞講演)」
   佐伯潤,勝川千尋,安田昌幸,石塚泰雄,田中彩恵
   平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(岐阜)講演要旨,
   144(2011)
  ・平成23年度日本小動物獣医学会(近畿)
   「大阪府内における野生アライグマと家庭飼育犬のレプトスピラ抗
    体保有状況調査」
   佐伯潤,若月章,淡路俊樹,尾芝仁,北原千春,織順一,木下久則,佐藤昭司,
   平成23年度日本小動物獣医学会(近畿)講演要旨,62(2011)
  ・平成25年度日本小動物獣医学会(近畿)
   「当院における各種細菌感染症の原因菌と薬剤感受性試験結果」
   佐伯潤,田中彩恵,仮谷亜希
   平成25年度日本小動物獣医学会(近畿)講演要旨,59(2013)
  ・平成25年度日本獣医公衆衛生学会(近畿)
   「警察が押収した161頭の犬に対する(社)大阪府獣医師会の
    対応」
   佐伯潤,北原千春,大下勲
   平成25年度日本獣医公衆衛生学会(近畿)講演要旨,107(2013)
  ・日本獣医学術学会
   「GC/MSを用いた腫瘍バイオマーカー探索:健常犬の血液代謝
    産物比較」
   田舞理央,馬場雄大,辻誠,佐伯潤,横井眞一
   日本獣医学術学会講演要旨集,156,271(2013)
  ・第75回日本公衆衛生学会総会
   「自然災害と動物由来感染症」
   日本公衆衛生学雑誌,63,10:116-117(2016)
  ・平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(石川)
   「耐性菌を考える」日本小動物獣医学会教育講演
   呼吸器疾患における耐性菌について,
   平成28年度日本獣医学術学会年次大会講演要旨,
   323-324(2017)
  ・第22回集団災害医学会
   「VMAT(災害時動物医療支援チーム)の意義と社会実装」
   羽山伸一,田中亜紀,藤本順介,小此木正樹,佐伯潤
   Japanese Journal of Disaster Medicine 21(3):
   476(2017)
   「災害における獣医学的技術の活用」
   田中亜紀,佐伯潤,羽山伸一
   Japanese Journal of Disaster Medicine 21(3):
   508(2017)
  ・日本安全教育学会第18回岡山学会
   「大規模災害時におけるペット同行避難の課題
   (ペットの多様化で高まる人獣共通感染症のリスク)」
   坪内暁子,佐藤健,内藤俊夫,佐々木宏之,土屋陽子,
   Fan Chia-Kwung,丸井英二,佐伯潤,奈良武司,大槻公一
   日本安全教育学会第18回岡山学会プログラム・予稿集
   111-112(2017)

 ●主な講演
  ・平成25年度 日本獣医師会獣医学術学会年次大会(千葉)
   シンポジウム
   獣医師会における自然災害以外での動物救護対策の取り組み
   「(社)大阪府獣医師会における自然災害以外での動物
    救護対策の取り組み」
   「警察が押収した161頭の犬に対する(社)大阪府獣
    医師会の対応」
   平成25年度日本獣医学術学会年次大会講演要旨,
    177-178,183-184(2014)
  ・平成27年度 日本獣医師会獣医学術学会年次大会(秋田)
   シンポジウム
   診療料金の実態調査を通じて見えてくる家庭動物医療の現状
   「家庭飼育動物(犬・猫)診療料金の実態調査の概要」
  ・(公社)愛知県獣医師会人獣共通感染症委員会講演会
   「動物医療関係者が気をつけるべき人と動物の共通感染症」
  ・埼玉県狂犬病予防協会研修会
   「災害動物医療の意義と役割」
  ・(公社)愛知県獣医師会人獣共通感染症委員会県民公開講座
   「災害時に知っておきたい人とペットの共通感染症」
  ・平成29年度狂犬病予防注射業務関係者研修会(新潟県)
   「災害と狂犬病」
  ・(公社)大阪市獣医師会症例検討会
   「災害動物医療の意義と役割」
  ・人とペットを守る防災対策セミナー(和歌山県)
   「災害に備えた準備と感染症対策」
  ・ペピイアカデミックフェスタ2018
   「犬猫の人と動物の共通感染症」
  ・平成29年度神戸市動物取扱責任者研修会
   「災害時に備えた準備と動物の管理」
  ・災害動物医療シンポジウム2018
   「避難所と共通感染症」
  ・第3回北大阪どうぶつ市民公開講座
   「ペットともっと仲良く!でも、そのふれあい大丈夫ですか?」
  ・(公社)岡山県獣医師会 平成30年度小動物講習会(第1回)
   災害動物医療「水害と人と動物の共通感染症」
  ・平成30年度 動物愛護週間中央行事
   どうぶつ愛護フェスティバル
   知っていますか?動物愛護管理法
   パネルディスカッションパネリスト
  ・平成30年度狂犬病予防注射業務関係者研修会(新潟県)
   「狂犬病は怖い!?」
  ・平成30年度茨城県獣医師会第10支部狂犬病予防事業推進協議会
   研修
   「狂犬病、今何が問題か」
   
 ●講習会講師
  ・災害動物医療研究会VMAT講習会講師(公衆衛生担当)
  ・災害派遣人材育成研修会講師(公衆衛生/感染症担当)
  ・法獣医学研修セミナー講師(動物福祉協会)
  ・法獣医学動物評価研修会講師(環境省)

 ●主な受賞歴など
  (社)大阪府獣医師会 中村賞(2008年および2013年)
  (社)大阪府獣医師会 会長表彰
   近畿地区連合獣医師会 会長表彰
   平成22年度日本小動物獣医学会(近畿)優秀研究褒賞
   平成24年度日本小動物獣医学会(近畿)奨励研究褒賞
   大阪府知事感謝状(2007年および2013年)
   近畿地区連合獣医師会 会長感謝状

 ●所属団体・学会
 (公)大阪府獣医師会、(一般社)日本小動物獣医師会
  全日本獣医師協同組合、葉月会、獣医麻酔外科学会
  獣医神経病学会狂犬病臨床研究会、災害動物医療研究会
  日本災害医学会、野生動物医学会
  大阪府立大学獣医内科学教室

 ●院長略歴
  1995年12月:製薬会社研究員、一般動物病院勤務獣医師を経て
         鶴山台動物病院開院
  2007年5月:農林水産省認可 全日本獣医師協同組合 理事
  2008年5月:(社)大阪府獣医師会 理事 
  2008年11月:大阪府災害時動物救護マニュアル策定部会 部会長
  2009年5月:(一般社)日本小動物獣医師会 理事
  2011年10月:大阪府立大学大学院生命科学研究科入学
         獣医内科学教室所属
  2013年6月:(社)大阪府獣医師会開業部会部会長
  2014年1月:病院を移転し、「くずのは動物病院」に改称
  2014年5月:農林水産省認可 全日本獣医師協同組合 筆頭理事
  2014年7月:災害動物医療研究会 幹事
  2015年5月:公益社団法人 大阪府獣医師会 会長
         一般社団法人 日本小動物獣医師会 副会長(〜2017年)
  2015年9月: 大阪府立大学大学院生命科学研究科修了
         学位(博士(獣医学))授与
  2015年10月:大阪府立大学獣医内科学教室客員研究員