TOP | 飼い主さんへ | 混合ワクチンについて


〒594-0006 大阪府和泉市尾井町1丁目1−31
TEL:0725-44-0209

大阪府和泉市にある「くずのは動物病院」のホームページです。

TOP | 飼い主さんへ | 混合ワクチンについて
狂犬病フィラリアノミ・ダニ去勢・避妊

混合ワクチンについて



ワクチンとは?



 ワクチンは、感染症の原因となるウイルスや細菌の毒性を弱めたり、また毒素
 を無くしたもので、
 これを注射することによりその病原体に対する免疫を作ります。
 ワクチン接種で予防できる病気には、感染すると重い症状を示したり、命に関
 わる恐ろしい病気もあります。
 ワクチンを接種することにより、万が一感染しても病気が発症しないように、
 また発症しても軽症で済むように体を守ってくれるものです。
 ワクチン接種は愛犬・愛猫を守るだけでなく、他の動物への感染源となること
 を避ける意味もあります。
 ワクチンには、法律で接種が義務づけられている「狂犬病ワクチン」と飼い主
 さんの任意で接種する「混合ワクチン」があります。


混合ワクチンで予防できる病気



〈犬の場合〉  

 ↓カーソルをあてると詳細が表示されます。

犬ジステンパー

犬がかかる代表的なウイルス病です。感染力が大変強く、子犬に多く発病し、死亡率も非常に高い病気です。高熱、目やに、鼻水が出て、元気・食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。病気が進むと神経系が侵され、脳に障害が現れることもあり、治っても麻痺などの後遺症が残る場合があります。

犬伝染性肝炎

多くのイヌ科動物で感染しやすい伝染病です。特に生後1年未満の子犬がかかると、突然死などで死亡するケースが見られます。発熱し、腹部の痛み、嘔吐、下痢、扁桃腺の腫れなどの症状が見られ、目が白く濁り、「ブルーアイ」となることがあります。

犬アデノウイルス2型
 感染症

単独感染よりも、他のウイルスとの混合感染によって症状は重くなり、死亡率も高くなる呼吸器病です。

犬パラインフルエンザ

感染すると短い咳や鼻水が見られ、肺炎を起こすこともあります。
混合感染例では症状も重くなり、死亡することもあります。伝染性が非常に強く、集団飼育犬内では急速に広がり、高い感染率を示します。感染すると、鼻水や軽い咳が見られます。集団飼育犬で、様々な病原体と混合感染して起こる呼吸器疾患の総称「ケンネルコフ」の原因の一つとして、犬ジステンパー、犬アデノウイルス2型感染症とともに知られています。


犬パルボウイルス感染症

多くのイヌ科動物に感染するやっかいな伝染病です。ウイルスの抵抗性が非常に強く、通常の消毒剤が効きません。腸炎型と心筋炎型の2タイプがあり、腸炎型は激しい下痢・嘔吐を起こし、食欲が無くなり、急激に衰弱します。心筋炎型は生後間もない子犬によくみられ、心不全で突然死亡することがあります。

犬コロナウイルス感染症

主に嘔吐、下痢、脱水を起こします。幼弱な子犬の場合、犬パルボウイルスなど他のウイルスや細菌などの二次感染を誘発し、症状が重くなる場合があります。

犬レプトスピラ症


この伝染病には複数のタイプがあり、その中で、イクテロヘモラジー型は死亡率が高く、発熱、嘔吐、黄疸、歯肉からの出血などが見られます。カニコーラ型は発熱や筋肉痛、激しい嘔吐や下痢による脱水症状などが現れ、症状が進むと尿毒症になり、2〜3日以内に死亡することがあります。これは人にも共通の伝染病です。



 動物病院によって扱っている混合ワクチンの種類が異なりますが、多く使用さ
 れているのは5種
 混合〜9種混合ワクチンで、いずれも1本の注射で済みます。
 当院では6種混合または9種混合ワクチンを接種できます。


   6種混合:
   9種混合:




 ◎どのワクチンを接種したらいいの?
  基本的には室内飼育で道路を散歩する犬であれば6種混合ワクチンで十分と
  考えます。 
  しかし、畑や田んぼなどのあぜ道散歩や、川や山などのアウトドアで遊ばせ
  る機会が多い犬には9種混合ワクチンを考えてあげましょう。



〈猫の場合〉

 ↓カーソルをあてると詳細が表示されます。

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウイルスによる感染症です。発生率が高く、激しいくしゃみ、咳、鼻炎、発熱などの風邪のような症状の他、角膜炎や結膜炎を引き起こします。他の呼吸器病との混合感染が多く、細菌の二次感染により、肺炎を併発することもあります。子猫では症状が激しく、非常に死亡率の高い恐ろしい病気です。キャリアー(ウイルスに感染している猫)の鼻・口の粘膜から感染します。

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルスによる感染症です。初めはくしゃみ、鼻水、発熱など風邪に似た症状が見られますが、症状が進むと舌・口の周囲の水疱、潰瘍が見られるのが特徴です。また、他の病気との混合感染により合併症を引き起こし、症状が悪化、死亡することもあります。キャリアーから感染します。

猫汎白血球減少症

猫パルボウイルスによる感染症です。血液中の白血球が極端に少なくなる伝染病で、元気消失、食欲不振、高熱、嘔吐、下痢による脱水といった症状が見られます。経過が早く、特に子猫では死亡率が非常に高い病気です。


猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症にかかると様々な病気になります。
リンパ肉腫、白血病などの腫瘍性の病気をはじめ、貧血、腎炎あるいは病気に対する抵抗力が弱くなって他の感染症を併発することもあります。これらはいずれも根本的な治療法はなく、死亡する危険性の大きい恐い病気です。
感染した猫の唾液中には多量のウイルスが含まれていて、猫同士の毛繕いなどを通じて口や鼻から伝染します。


猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

一般に猫エイズと呼ばれる感染症ですが、人のエイズとは全く異なる別の感染症で、猫のエイズウイルスが人や他の動物に感染することはありません。猫エイズウイルスに感染した猫が発症し、免疫不全を起こして初めて猫エイズとなります。このウイルスに感染していても発症していない猫もおり、無症状キャリアと呼んで区別しています。感染は猫どうしの接触によるもので、ケンカなどでの咬み傷から感染する場合がほとんどです。



当院では3種混合、4種混合、猫エイズワクチンを接種できます。


   3種混合:
   4種混合:
   猫エイズ:




 ◎どのワクチンを接種したらいいの?
  室内飼い猫の場合は3種混合ワクチンで大丈夫ですが、以下のような場合、
  4種混合ワクチン+猫エイズワクチンを検討した方が良いでしょう。
  ・外に出る猫
  ・外から他の猫が入ってくる場合
  ・ベランダや網戸越しに外猫と接触する可能性がある場合
  ・感染猫が一緒にいる場合など




 ※猫エイズワクチンは2008年より日本国内でも接種が可能になりました。



ワクチンの接種時期



 生まれたばかりの子犬や子猫は、母親の初乳を飲むことによって母親の持つ
 免疫を譲り受けます。
 これを移行抗体と呼んでいますが、この抗体は一生続くものではありません。
 移行抗体は、数週間から数ヶ月で消えてしまい、その時期は個体差があり、
 病気の種類によっても様々です。
 この移行抗体の効力が切れる時期が、病気に対する抵抗力が失われる大変危険
 な時期といえます。
 しかし、移行抗体が残っている時期にワクチンを接種しても、十分な免疫効果
 を得ることができません。
 そのため、より確実に免疫を作るために、初回接種の後1〜2回の追加接種を
 行います。
 注意していただきたいのは、ワクチンの接種によって作られる免疫は一生続く
 わけではないということです。
 このため、毎年1回継続して接種する必要があります。



〈子犬の場合〉

 生後2〜4ヶ月の時期に3〜4週間隔で2、3回の接種が必要です。
 その後は年1回の追加接種を受けて下さい。


〈子猫の場合〉
 生後2〜3ヶ月の時期に1回目の接種が必要です。
 1回目の接種から3〜4週間後に2回目の接種を受けます。
 その後は年1回の追加接種を受けて下さい。





ワクチンの副作用について


 ワクチン接種後、一過性の発熱や元気消失などの症状を示すことがありま
 すが、たいていは1日位でおさまります。
 また、顔が腫れるなど軽いアレルギー症状が出ることもあります。
 ほとんどないことですが、命に関わるような重いアレルギー症状が出る
 能性も考えられます。
 しかし、このような可能性は、伝染病にかかってしまう危険性と比べれば
 とても低いものです。
 ワクチン接種を安全に行うために、接種前に身体検査と問診による健康診
 断を行いますのでご協力下さい。
 体調に問題があれば注射は受けられません。
 ワクチン接種後は、なるべく安静に努めていただき、シャンプーは2〜3日
 は控えて下さい。
 上記の副作用が見られたり、何か変と感じることがありましたら、すぐに
 動物病院に連絡して下さい。