TOP | 飼い主さんへ | ノミ・ダニ予防


〒594-0006 大阪府和泉市尾井町1丁目1−31
TEL:0725-44-0209

大阪府和泉市にある「くずのは動物病院」のホームページです。

TOP | 飼い主さんへ | ノミ・ダニ予防
混合ワクチン狂犬病フィラリア去勢・避妊

ノミ・ダニ予防

 ノミやダニは深刻な問題をもたらす外部寄生虫で、適切な対策が必要です。
 愛犬や愛猫がノミやダニにたくさん寄生されて、重大な被害を受けてしまわ
 ないように、早めの対策を心がけましょう。
 一時的な駆除だけでなく定期的に継続した、できれば年間を通した対策を
 お勧めします。


ノミ



 ノミはペットの血を吸い、刺激を与え、またノミアレルギー性皮膚炎や条虫の
 媒介など、健康上重大な問題を引き起こすこともあります。
 ノミは、家の中に入り込み、卵や幼虫の状態で、畳の隙間やカーペット、家具
 の陰などで繁殖を繰り返します。
 暖房の行き届いた近年の住環境ではノミは冬でも寄生と繁殖を繰り返します。






〈ノミの被害〉

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの吸血により、その唾液成分が体内に入ることで、アレルギー反応が起こり、激しいかゆみや湿疹、脱毛などを伴う皮膚炎を示すようになります。一度この状態になると、その後はわずかなノミの寄生でも皮膚炎に悩まされます。



瓜実条虫(サナダムシ)


体長50cm以上になることもあるサナダムシ。ノミの幼虫が条虫の卵を食べ、その体内で発育します。成虫になったノミを犬や猫がグルーミングなどで食べてしまうことにより小腸に寄生し、下痢や嘔吐の原因に。瓜の実に似た片節が糞便や肛門の周辺に付着します。







  猫ヘモバルトネラ症
 マイコプラズマ・ヘモフェリスという病原体は、ノミを介して猫に感染すると
 言われています。
 この病気になった猫は血液中の赤血球が破壊され、ひどい貧血となり、症状が
 悪化すれば死に至ることもあります。



ダニ



マダニは様々な病気を媒介します。特にバベシア症は犬を死に至らしめる重篤な病気です。












〈マダニの被害〉

バベシア症に感染した犬の血液標本 犬バベシア症


バベシア原虫が赤血球に寄生、破壊することによりよる貧血、発熱、食欲不振や黄疸などが見られ、死に至ることもある恐ろしい病気です。治療を行ってもバベシア原虫が体内から消失することはありま
せん。









  ライム病
 マダニからペットや人にも感染。
 犬では主に神経症状、発熱、食欲不振などの症状が、人では、感染初期に遊走
 性紅斑、その後皮膚症状、神経症状、関節炎などの症状が見られるようになり
 ます。



ノミ・ダニの予防対策




 ◆ 月1回ノミ・ダニ駆除剤を使う
 ◆ ペットの布団・マットは掃除をし、天気の良い日は天日干しする
 ◆ ブラッシング等でノミ・ダニがいないかチェックする
 ◆ ダニが多い草むらなどにはできるだけ入らない





・ノミ・ダニの駆除・予防薬には
 スポットタイプ
 (首の後ろに滴下するタイプ)
 スプレータイ
 内服薬  
 様々なタイプものがあります。




  詳しくは当院スタッフまでご相談下さい。